横浜市青葉区市ヶ尾で、カウンセリングと悩み相談、各種講座(人間関係、子育て、コミュニケーション、インナーチャイルド)、カウンセラー養成、講師養成、出張講演をしています。心に寄り添いながら、深層心理を活かして悩みを根本解決し、より自然な自分らしい生き方、豊かな人間関係と子育てのサポートをしています。

朝日新聞連載記事 ~ハートの声に導かれ~

画像の説明 朝日新聞連載記事 ~ハートの声に導かれ~

画像の説明

2018年10月~12月の毎月曜日、朝日新聞夕刊の「わたし第二章」のコーナーに「ハートの声に導かれ」というタイトルで、私(松尾直子)の波乱万丈な人生を全11回にわたって書いていきます。どうぞご覧下さい。


1回目 (10/1掲載)
 アナウンサーになった理由と局アナ時代の仰天エピソードなどを紹介。

朝日新聞 連載1回目 10/1



2回目 (10/15掲載)
 私のセミナーなどで目指す「自分らしさを輝かせよう!」のルーツとなった出来事を紹介しています。

朝日新聞 連載2回目 10/15



3回目 (10/22掲載)
 局アナを辞め、単身ニューヨークに乗り込んだ私が直面した、異文化摩擦について書いています。

朝日新聞 連載3回目 10/22



4回目 (10/29掲載)
 ニューヨークで、TBSの「朝のホットライン」や日テレの「ズームイン!! 朝!」のリポーターとして取材した中で、印象的な話を紹介しています。

朝日新聞 連載4回目 10/29



5回目 (11/5掲載)
 今でもありありと目に浮かぶ、私の心の宝物・・・ニューヨークの街で凍えた私のハートをあたためてくれた出来事を紹介しています。
 写真は、友人の報道カメラマン安川光太郎さんがNYプレスクラブ賞とシルーリアンズ賞を日本人初でダブル受賞した作品です。

朝日新聞 連載5回目 11/5



6回目 (11/12掲載)
 NYから帰国後の初仕事は、NHKスペシャルの『20世紀プロジェクト』。21世紀を予見するという国際共同制作番組の企画・リサーチで頭が破裂しそうになり、やはり現場で人と接したいと、テレビ朝日の報道番組のリポーターに。そこで取材したのが、全脳幼児教育「七田チャイルドアカデミー」。スタッフとして関わり、人の右脳に秘められた創造性やイメージ力の奥深さを実感します。

朝日新聞 連載6回目 11/12


辰子姫の絵(コピーを写真撮影)もアップしておきます。(コピー機の限界で、現物より上下左右が切れてます。)

辰子姫

この絵は、当時3才のレイカちゃんが、秋田県の田沢湖の伝説、永遠の美しさを求めて龍になった『辰子姫』の話を聞いて『辰子姫かく~!」とあっという間にスイスイ描いたものです。描いた後、本人も少し怖くなって押入れに入れておいたそうですが、お母さんが出してきて『世界児童画展』に応募したら入賞したとのこと。

昔、姉の飼っていためったに吠えない大人しい犬が、この絵をジ~ッと見ていたかと思うと、吠え出しました。やっぱり、そうだよねって感じました。
どうですか? あなたは、龍神パワー感じますか?

私は龍神さま大好き♪ 私のベッド前にかけてあるので、いつもにらめっこしながら寝ています。



7回目 (11/19掲載)
 「ピュアな子ども心を蘇らせ、楽しく自然に生きよう♪」と呼びかけ『鎮守の森ネットワーク』や『学びの楽園GAIA』を立ち上げると、楽しい仲間がどんどん集まり、様々なイベントやセミナーをワクワク開催!! そこから、雑誌「たま」での連載、さらには講談社から自著「インナー・チャイルド~人生がワクワクしてくる子ども心の超パワー」の出版へ。そして、我が子まで誕生! したものの、相変わらずのジェットコースター人生が続きます。

朝日新聞 連載7回目 11/19



8回目 (11/26掲載)
私の長年の夢だった「自分らしく生きる力を育む学校」づくりを千葉で進めていた頃の話です。
様々な方々にご協力いただき、全てがトントン拍子で順調に進んでいき、実現目前・・・あまりの忙しさに「交通事故にでも遭わないと、娘(当時6歳)と話す時間もなくなる」と思ってしまったのが運のつき! 思いは実現するのを、身をもって怖いほど実感しました。
皆様も、変なことは思わないよう、どうぞお気をつけくださいね!

朝日新聞 連載8回目 11/26



9回目 (12/3掲載)
manaレインボーでのインナーチャイルドセミナーについてです。参加者の皆さん、大量の涙を流しながら、自分の原点であるインナーチャイルド(内なる子ども心)を抱きしめ、本来の自分らしさを取り戻します。すると、楽に自然に生きられるようになり、周りの人との関係や人生での出来事が自然に変わっていきます。

新聞掲載後、2日間でHPに600以上アクセスいただき、問い合わせもたくさんいただきました。生き辛さを抱えている人は本当に多いのだなと実感し、もっとたくさんの人のお役に立ちたいと思いました。

朝日新聞 連載9回目 12/3



10回目 (12/10掲載)
manaレインボーでインナーチャイルドセミナーを受けたY子さんは、正直な自分の思いを受け入れて、「いいお母さん」像を手放しました。そうしたら、それまで難しかった娘さんとの関係もガラッと変わったそうです。ありのままの自分を受け入れた分だけ、ありのままの子どもも受け入れられるんですよね。
写真は私の娘(今年の成人式)で、先日21歳になりました。何でも話す、仲良し母娘です。

朝日新聞 連載回10回目 12/10

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional